Entries

菓子屋のえんとつ

17-0306.jpg
長野県・小布施

おそるべき七十五粒年の豆

口がめっぽう弱りましてね。主として歯と歯茎が衰えたのでありますが、舌先もたるんでしまいました。
舌鋒という秀逸な持ち物があると自負しておりましたが、今や節分の豆を年の数だけ食べようなどさえ
まったくもって無謀な試みとしか申せません。小布施の有名菓子舗の栗の香る落雁。うまかったなあ。

そうそう。西東三鬼という有名俳人に「恐るべき君等の乳房夏来る」があるのを付記しておかなくちゃ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
花城康雄先生のご指導で修業中。淡彩画というよりイラストと言われることも。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

FC2カウンター