Entries

田植間近

三重県倒立をしては流され残る鴨...

春の海のたり

三重県雨後の葉の斑ともならん花の塵...

山桜

三重県淡雪や砂利噛む舟の底の音春霞たなびく山の桜花うつろはむとや色かはりゆく     詠み人知らず...

けやきの新緑

東京市部(雨の教室で教材より)すかんぽの味甦る少年期...

春の宵

伊良子岬燈台はここからは見えません。まだ日のあるうちに恋路が浜というあの周りを散策して見た燈台は数個の波けしブロックに守られて波打ち際に立っていました。戦中に砲台の邪魔にされて低い所に下ろされたとか。ホテルの窓から、薄れる光に寄せる波を見下ろし、絵にはとうてい表せないと思いながら。春宵の巨船へわたる水先船...

万愚節

三重県ドロップ缶とかく振る癖万愚節万愚節=エイプリルフール...

春の海

三重県しやぼん玉だれにも少しかくしごと...

鳥帰る岬

伊良子崎履物のひとつ横向き花筵...

四月はや

杉並区のあのあたり四月はや鼻のあたまの日焼止小生の鼻をご存じの方ならお分かりいただけるでありましょうか。季重ねですが、主季語という言葉があるとすれば、それは四月。...

鐘霞む

杉並区其角忌の杉の香削る鉋かな...

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。蒼花同人

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

FC2カウンター