Entries

竹の間垣

東京のどこか車夫が顔ぬつと突き出す柳かな...

妙法寺

杉並区余寒とは斯くなるものよ然りながら...

鐘楼

杉並区・妙法寺元は真言宗の尼寺。どういう訳でか今は日蓮宗。江戸の昔は多くの信仰を集めたそうな。江戸から参拝に訪れる人は日本橋から最初の宿場である内藤新宿を経てやってくる。お詣りは口実、実は内藤新宿で遊ぶのが主眼の人も居ったろう。現在の四谷から新宿三丁目辺りであったとか。さえずりや伏目におはす観世音...

駒場野公園(3)

駒場野公園高層の街はアルプス遠霞...

駒場野公園(2)

目黒区・駒場野公園入口の車止め構造物といえばトイレとベンチくらいのもの。葉を落した木々の下は開演前のサーカス小屋の広場のように殺風景。木立を渡る柔らかい風にさえ首筋がぞくぞくします。若いとはいいもんですな。若者が賑やかな屯をなしておりました。描き始めると寒さはまるで苦になりませんでした。空つぽのタクシー溜り春淡し...

駒場野公園(1)

目黒区駒場教室の野外実習で来た駒場の公園。常緑樹以外は見事なまでも素っ裸の枯木。長時間座って描くにはまだ寒かろうと、仲間たちは立ったままハガキサイズにボールペンでどんどん仕上げていました。不器用な私は六号と鉛筆でしか画けません。この日はめずらしく気が散ることなく三枚仕上げました。湯たんぽを赤子のやうに抱へたる原句は「湯たんぽを乳やる様に抱へたり」  赤子のほうがいいと言う仲間の意見に従って。...

名ばかり緑地

杉並区善福寺川緑地淡雪や砂利噛む舟の底の音...

この先神田川

杉並区寒菊やことの和人の掌の賜杯...

電話工事

杉並区水船に笊ごと洗ひ三葉芹...

沖縄村へ

杉並区・和泉西商店街入口・通称沖縄商店街料峭や柱の丈のかんなくず...

Appendix

プロフィール

S.Y.Seasonword

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。蒼花同人

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索フォーム

FC2カウンター