Entries

黄葉B

迎賓館前    F6人影と紅葉寂しや古戦場                   健二いつまでも開かぬ遮断機柿落葉              しの   ...

黄葉

四谷・迎賓館前    F6まことに久しぶりに教室スケッチで迎賓館前の黄葉を画きました。これは書き直した絵です。現地では比較的明るい日陰として描いたところを、後で写真で比べると全く違う。いまどきでもサングラスを使うので、現地ではもっと暗く見えるはず。私の眼はどうなってしまったのか・・・・落葉して命の素の水澄みて         健二犬死すの言葉よどみし冬の月        しの...

埋もれる燈籠

杉並区太田黒公園    F6菊屋敷姿はあれど荒れたまま           健二駿河なる鮎沢川に散る紅葉             しの...

秋深し

杉並区 大田黒公園    F6秋の宴万の神や寄り添いて             健二雨戸繰る音の聞こゆる寒さかな          しの...

色づきました

太田黒公園    F6ぼんやりしていて日展を忘れていました。来月7日までなんですね。国立新美術館。六本木駅から美術館に至る道筋は、猥雑で好きになれません。都美術館の上野の森は良かったなあ。見る前も、帰り道もゆったりと。保育園シジミ蝶の羽音かな                健二夕間暮れ声の不思議はかいつぶり          しの...

アルミ缶ゆれる菜園

世田谷区    F6中央高速道の北に生産緑地を見つけました。杭の先には沢山のアルミ缶が揺れています。カラスよけにCDを吊るしている光景はよく見かけますが、理由は見当がつきません。あるいは主のユーモアなのでしょうか。初冬や音の逸れゆく灯油売り      しの...

色づく木々

世田谷区     F6老婦人は背を曲げ、杖つきながら犬に散歩をさせています。犬は尻尾をだらりと、やっと歩いているようです。帰ってくる頃は、もはや脚の一本は役に立たない。憐れです。老人の犬も老いしか落葉ふむ         しの...

柿熟れる

杉並区    F6絵は井の頭線と永福町駅です。俳句は兼題「蜜柑」を与えられて、故郷の海を想いながら。瀬戸内海の島々は蜜柑の色で染まっているでしょうか。最近はレモンのほうが有名とか。穏やかそうに見えても、瀬戸の海は干満による潮の流れが激しいのです。潮の目を船の截ちゆく蜜柑山      しの...

園児は公園を目指す

杉並区    F6一群の樹木のあたりに、先日の園児たちが目指した小さな公園があります。桜もケヤキも色づいて葉を落としています。冬の鳥もちらほら見るようになりました。繋ぐ手は歌にあわせて寒椿       しの...

わんわん興奮す

杉並区     F6真っ赤なトタン屋根と、白いペンキの板壁が印象的でした。気持ち良い初冬の昼下がり。犬だって気分よく遊びたい。ところがこいつ、しつけがよろしくない。人の背後でいきなり吠える。いやはや、驚いたのなんの。鉢巻に声らうらうと焼芋屋         しの...

お手てつないで

杉並区       F6坂を下りきったところに、こじんまりした公園があります。園児たちはそこへ向かっているのでしょう。みんな手をつなぎあい、歌いながらのんびりと歩んでいきます。引率の保育士の声もゆったりと、詰まらない風景が、突然色彩で満たされました。自画像の口許ゆるむ小春かな         しの...

横着通り

世田谷区      F6それぞれに違う駅弁秋時雨           しの...

鮎沢川

駿河小山    F6川は名前で連想するように、シーズンは鮎釣りで賑わうのだとか。なるほど、見れば堰堤には水路が設けられ、魚が遡上できるようになっています。里山に二つ畝ある葱畑吹かれきて落葉静まる庭の隅          しの...

丘に立ち

文京区      F6籾殻を焼けば棚引く烟かなまだ枝について甘柿貰いけり           しの  ...

落葉

駒場公園      F6あと数日もすれば立冬。季語は季節を先取りするのですね。下手な俳句を作るにしても、八月の猛暑最中に秋を詠むのは釈然としませんでした。今朝は空気がひんやりして、新聞を取る時の深呼吸で前歯がひんやりしました。もう冬の季語で作れそうです。秋澄むやたちまち乾く水彩画柿もらひて両手と顎に抱えけり             しの...

桜もみじ

杉並区     F6暗渠になった川は跡形もなくなって、石の短い橋は残されています。彫られたはずの橋の名前は、かろうじて痕跡が残るだけですが。筑波峰の里田の稲や特選に            健二橋の名のかすれて桜紅葉かな           しの   ...

見かけは古い

杉並区      F6何度か裏側を描いたことがある浴風園の表側です。銀輪の日暮れの家路敷き落葉            健二自転車の灯火ひろがる夜寒かな           しの...

山梨県北杜市    F・・・F6で画いた絵です。あまりにも粗末なので、左右を切り取ってしまいました。どうやっても下手は下手。柿の木は盆栽のような見事な枝ぶりで、葉はすっかり散っても実はたわわでした。柿の木をど真ん中に画くと多少は趣が良くなったでしょうか。晩秋の赤銅の月LED                        健二露寒やさても小さき辞書の文字               しの...

Appendix

プロフィール

S.Y.Seasonword

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。蒼花同人

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

FC2カウンター