Entries

民家の竹藪

世田谷区        F6一日がゆったりと流れなくなりました。少しの時間といえども、気に染まないことに費やす時間をが悔しい。なんとかして気に入る時間に進化させなくてはなりません、が。居酒屋の窓辺に遊ぶ守宮かな          健二(守宮はやもりのこと)愛犬の死して燐家の合歓の花           しの...

ゆかたの二人

調布市深大寺      F6深大寺と人並みが面白いのでまたもや。子供らの好奇の汗や夏祭り              健二水浴びの羽根ぬめぬめと夏鴉            しの...

古墳への道

杉並区和田堀        F6正面の丘に松ノ木遺跡があります。神田川や善福寺川に沿って旧石器時代以降の遺跡が点在していて、復元された竪穴住居は鉄筋コンクリートで鉄格子まで付いています。落ちぬとも古樋落ちる日雷          しの...

歩道と自転車道

三鷹市かあるいは調布市です。迷ったものですから。      F6右側は自転車専用です。数年前までスポーツタイプの自転車で車道を走っていました。危ないです。恐怖が度胸を上回るようになってやめました。翡翠撮る夏にたむろす男沼                 しの翡翠(ひすい)はカワセミのことです。7月18日の鳥見の楽園を詠みました。...

逆光の提灯

調布市深大寺     F6真昼間ですが緑陰と逆光で夕方のような暗さに提灯が主張していました。提灯はすこしばかり画像処理しています。人物は吾ながらお粗末ですねえ。師匠の渋面が目に浮かびます。いかづちや鋸もてつめる椅子の足         しの...

玄関わきの紫陽花

中野区にて      F6場所が特定しにくいタイトルの理由は、ロボットに気付かれないように。そのロボットはネット上を歩き回って画像を拾っては、固有名詞と画像を結び付けて公開しちゃうのです。 愛でたれば切つてくれけり苑の薔薇      しの   ...

えびすさま

恵比寿ガーデンプレイス煉瓦色の四角い建物とアーチばかりで、面白くないので、脇役に活躍してもらわなくちゃなりません。線が右に傾斜する癖があり、建物も塔もピサの斜塔になるので、何度か書き直さなくてはなりませんでした。目薬の眼に落つ刹那のいなびかりめぐすりのめにおつせつなのいなびかりいなびかりは秋の季語。雷光とすれば夏の季語なんだそうです。ややこしいですね。...

新蕎麦の幟

調布市深大寺       F6平らな道を描いたつもりですが、変ですねえ。ぐにゃぐにゃしたは蕎麦で飲んだアルコールのなせる業と反省。柏手のぎこちなきかな梅雨明ける      ...

車両基地

中野区富士見町        F6東京メトロの車両基地。周りは塀をめぐらせ、覗ける場所は限られています。金網の間から覗き見たところですが、鉄道ファンではなくとも、もうすこし高い位置から、2階ほどの高さでも妥協しますが、見渡したくなる風景です。 一匹の大蟻落とす子蟻地獄         しの蟻地獄のすり鉢に蟻を落としている子供は私です。遥かな記憶。ウスバカゲロウが蟻地獄とは、今になっても容易に納得いき...

新蕎麦に誘われて

調布市深大寺      F6行く夏や半夜のサイレンまさり水...

これよりは神田川

中野富士見町付近  F6善福寺池を源にする善福寺川は住宅街を流れ下って、この少し上で神田川に注ぎます。二つの川の水を合わせても、川底に張り付いてゆたゆた流れるだけですが、梅雨末期のちょっとした夕立に見舞われると、瞬く間に堤防を脅かします。古樋の飛沫てあふる夕立かな         しのふるとよのしぶきてあふるゆだちかな...

鳥見人の憩い

杉並区        F6バードウォッチヤーが憩うといえど、大方は閑散たる公園内のカフェです。画かせてもらうのだから、敬意を込めて、にぎわい繁盛している様子にしました。畏れ気もなく太腿の夏休み         しの...

梅雨晴れ間

杉並区        F6「俳句は文章、画は色彩。その相違はあるが、その美感に訴えるものであるという点に二つはない」 高浜虚子繰り言や思考とぎれる心太        しの...

鳥見の楽園

杉並区和田堀公園ひょうたん池       F6水澄んでとはお世辞にも言えない池の淵に終日たむろして、狙っているのは清流にしか住めないというカワセミです。ここを縄張りにするカワセミも心得たもの。一定時間ごとに飛来して、派手に魚を捕ってはカメラに向かてポーズ。おじさんたちの一瞬の幸せです。台風やノの字ノの字と襲いくる          健二明け易のけたたましきかな新聞屋        しの...

ただの道

杉並区       F6青空に群れるアサザの湖岸かな          健二はす向かい引き越してゆく梅雨の朝        しの...

迷いの緑

杉並区       F6木々と緑が苦手で、克服したいと、意識して画いています。ブログを立ち上げたころの描き方とは少しだけ変化したようですが、上達しませんねえ。いまも苦手で、描く前からタジタジします。水無月の稲田の緑夕焼けて             健二川敷に鎌ふる腕の日焼けかな            しの...

家路

杉並区        F6歩く範囲の目ぼしい風景はことごとく画いてしまったと、絵にはなりにくいと見過していたところまでも標的にするようになりました。同じ場所であっても季節が変われば違う趣のはずですから、再挑戦してみようと思っています。緑陰の彩の泉の錦鯉                 健二古屋氏然るべし鵲の橋に友あらん             しの...

公園に向かう道

杉並区成田付近      F6このような整然としていない光景が気になります。足場に使うとみられる間伐材や残土運搬車。雑草に立つコーン。ここには不釣り合いな新しい建物。夏の川馬の背分ける通り雨           健二列島の緯度も下がりし熱帯夜         しの...

晴れないときも

杉並区成田付近    F6気がかりなことがあって、画いていても気持ちが入りません。気候のせいでしょうか。五月雨や屋根の滴の屋根をうつ          しの...

松と松

杉並区太田黒公園       F6FC2ブログをiPadやiPhoneで閲覧すると強制的に広告がでるということを知りました。ご訪問くださる方には不快なことと思います。iPadとiPhoneだけとは・・「住みにくさが高じると安いところへ引き越したくなる」草枕冒頭より不要とはゐへど足らざる餓鬼忌かな          しのいらぬとはいえどたらざるがききかな...

太田黒公園

杉並区太田黒公園      F6平らなはずの道が上り坂に見える。画用紙の切れ端の垂直線が干渉するためでしょうか、いじってもいじっても上手くいきません。気になることが多くて熱中できないせいだろうか。描きながら頭は他所へ。梅雨のあくいとま窺ふ床屋かな         しの...

コンブ漁場はいつも強風

利尻     F6昨日はプロバイダの回線故障で更新ができなくなりイライラの半日でした。せっかちで、辛坊強くない私にとってはつらい。朝のPCいじりは、頭が半分寝ているのでしょうか、いつもより時間がかかります。今日は絵の教室。こうしてはいられない。くろぐろと開かぬ門扉に蔓の薔薇       しの...

環七の向こうにドーム

杉並区和田         F6ある宗教団体の建造物です。建物も車も点景人物も子供っぽく、少々恥がましくも。地震りて小夜なる梅雨の密かなる         しの(ないふりてさよなるつゆのひそかなる)...

コンブ島の主峰

利尻      F6海から探し求め、入港寸前にやっと姿を見た利尻岳はこんな感じで尖がっていました。昨日のと同じ場所からです。雪渓があったのですが、絵が粗っぽくて、へんちくりんでお分かりにはなれませんねえ。利尻やいづこ六月の海かすむ           しの...

こんぶの漁村

利尻島     F6バスを追い出され、料理屋らしい小屋に詰め込まれるまでの数歩に垣間見た海岸が気になって昼飯は飲み込み、飛び出しました。旅仲間は退屈な景色と見たでしょうけれど。屋根を海へ傾いてるように描いたのはミス。線が右に傾く癖がついてしまったようです。ひらくひらく花火のごとくダンゴ虫        しの...

スカイの空

礼文島・澄海岬      F6画像が汚れてしまいました。晴れる日が無いのでカメラの機嫌がよろしくありません。観光地はおおむね期待外れになる。ここは期待したより感動した、お洒落な場所です。澄海岬をスカイ岬と読ませるのもお洒落ですね。ガーシュインの物憂ゐしらべ梅雨籠り            しの...

展望台の階段

宗谷岬    F6丘の南側には緩い丘陵の牧草地が広がって、黒牛が群れ成しています。さらにその先にはやげらわしくも林立する風車が、気が違ったように回転して電気を起こしているのです。夏草を牛の群れ食む岬かな          しの...

朝の稚内海岸

稚内    F6今日の出発は10時という、老人相手のとろくさいツアーです。早めに朝食を済ませて、いそいそとやってきましたが、絵を描くどころではありません。うっかりすると海まで吹き飛ばされそうな烈風です。ことごとく紫蘇の葉レースとなりにけり      しの...

風の港

稚内    F6早朝の稚内港を風が吹き抜ける。丘の風力発電のプロペラは気が違ったように回転する。電力の九割を風力でまかなうと聞かされました。スケッチブックなんぞ開けるものではありません。玫瑰や星無き夜の船の音       しの(玫瑰=ハマナス)...

風の岬

礼文       F4トンネルを抜けると西海岸。霧が走り回って全景を見渡すことはできません。霧の晴れ間晴れ間にのぞく向こうの小さい岩が猫岩なのでしょうか。利尻に起き礼文に眠る卯波かな        しの...

Appendix

プロフィール

S.Y.Seasonword

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。蒼花同人

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

FC2カウンター