Entries

桜遠望

杉並区・善福寺川にかかる橋春雨や縁に昼寝の通ひ猫   摩耶子春雨が主季語で昼寝と季重なりですが、不自然ではありませんね。季語の重複を模索中ですので見本の一句として取り上げさせていただきました。遠足や草に滲める草の色    臣汰...

初夏は緑にはじまる

杉並区のその辺りきみどりの羽を落して鳥帰る      摩耶子望遠鏡鷹の巣構え遠かこみ       臣汰...

塔屋

杉並区母と子と背中似てゐて冬ぬくし   摩耶子小流れをつまづきながら花筏    臣汰...

善福寺川春色

杉並区まんさくの花に伸びしろありにけり        摩耶子金縷梅(まんさく)の花は春の季語。我が庭には紅金縷梅があります。線形の縮れた花弁が咲く様子は「吹き戻し」にそっくりです。「吹き戻し」は、ほら、おもちゃ屋や縁日で売っている笛の先に紙が巻いてあって、吹くとピユーという音とともにカメレオンの舌のように紙が伸びる笛のことです。金縷梅の花の開く様を完結に「伸びしろ」と讃辞した秀作です。余計な字も足...

下り坂

杉並区啓蟄の土まだ固しけんけんぱ...

春光

杉並区保険などなにをいまさら花の雨...

奉納太鼓

杉並区・大宮八幡宮色鳥や小さき社に御柱...

妙正寺

杉並区 F4銘醸の酒を余さず月の客 ...

さるすべり

杉並区・久我山駅付近地下鉄を出れば祭のど真ん中...

新緑

杉並区凭れゐしモネの積みわら昼寝覚...

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。風景淡彩画というよりイラストだと言われることも。蒼花同人。俳号を臣汰と申しますが、まだまだ駆けだし。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

FC2カウンター