Entries

アーカイブス(6)

新潟台風に踵あるらし返しけり踵=きびす...

アーカイブス(5)

新潟坐りよき流木ありぬ二日月...

アーカイブス(4)

新潟鰻釣る川くもりたる昨夜の雨...

アーカイブス(3)

新潟万緑に啼いてその名の知れぬ鳥...

アーカイブス(2)

新潟回し剥く指をしたたる梨の汁...

アーカイブス(1)

新潟県始まりは誰かの狂気夏の果...

だんだん畑

新潟県琴の音や時雨にけぶる野天風呂              臣汰曖昧な絵、お粗末な俳句。俳号まで使うようになって、どうやら物事の判断さえもいい加減になってきました。我が辞書の恥という文字に霞がかかってきたようです。いい傾向ですな。さっさと消えてしまえばよいものを。...

つづら折り

新潟県十日市市着飾られ況して幼き七五三...

集落

新潟・秋山郷供養せし遠祖を知らぬ十夜かな             健二赤い帯巻かれて冬木伐られけり              しの遠祖とは曾祖父以前の古い祖先のこと。公園の古い樹木に赤いビニールのテープが巻かれていた。しばらくしてその木は伐り倒されてしまった。...

野分に屈する稲穂

新潟県ブログ更新のための絵の在庫が乏しくなりました。取材に行こうと思いますが、ちょっと行けるところはしらみつぶしに画いてしまったようです。以前の写真の中から探し出しては描いています。新潟の棚田の稲穂。近くで見ると風にお辞儀をしたまま立ち上がれないでいます。幾重にも稲架かけわたし大棚田...

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。風景淡彩画というよりイラストだと言われることも。蒼花同人。俳号を臣汰と申しますが、まだまだ駆けだし。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

FC2カウンター