Entries

中津川上流

長野県・秋山郷の切明温泉付近にて河原から温泉が湧き出ています。若者が二人、スコップを持って河原に下りてきました。湯が熱すぎるので、川の水を引き入れて温度の調節をするのだとか。蕎麦喰ひに連れてこられし秋の原      臣汰...

門前の賑わい

善光寺陽炎を四囲に雀の砂あそび...

栗の小径

長野県小布施菜の花や鳩は会釈をして寄り来一行の文字数をPCに合わせるとタブレットやスマホでは予期せぬ位置で改行されるらしいので、一行を短めに編集することにしました。もともと意味のないたわ言。そう看破した賢人には画像をチラ見しただけで、隙間風のように退散されてしまう。兄弟ですら読もうとしない。...

煉瓦の煙突

長野県・小布施人と生き人に生かされ花菜漬...

菓子屋のえんとつ

長野県・小布施おそるべき七十五粒年の豆口がめっぽう弱りましてね。主として歯と歯茎が衰えたのでありますが、舌先もたるんでしまいました。舌鋒という秀逸な持ち物があると自負しておりましたが、今や節分の豆を年の数だけ食べようなどさえまったくもって無謀な試みとしか申せません。小布施の有名菓子舗の栗の香る落雁。うまかったなあ。そうそう。西東三鬼という有名俳人に「恐るべき君等の乳房夏来る」があるのを付記しておか...

姨捨(7)

長野県姨捨の棚田この絵を描いたころは秋。稲刈り痕の田の土にも柔らかさがありました。今頃は雪に覆われていなくとも土は堅く締まっていることでしょう。七十二候のひとつに「魚氷に上る」があり、うおひにのぼると読む。春になると魚が氷の上に躍り出るという。なんとも感覚的な季語ですな。略せば魚は氷に。いつよりか句座に定位置魚は氷に...

八幡社

長野県・川中島古戦場跡八幡社は武田信玄が本陣を構えたところ。戦で壊れたが間もなく再建されたそうな。そばには信玄と謙信一騎打ちの像があります。ほらあれですよ。武田の本陣に討ち入った上杉謙信の太刀を床几に腰かけたままの信玄が軍配ではっしと受け止めるという。さて、平和な時代の平和な一句であります。階段をとんとん跳ねて福の豆...

兵どもが

長野県・川中島古戦場跡亀鳴くやミロのヴィーナス首かしげ善光寺から上田へ向かう途中。街道沿いに川中島古戦場跡があると聞けば寄らずには帰れません。落葉を掃除している人に遺構の場所を尋ねたところ、「何もないよ。広場の端に小さい社があるだけ」 ところがどっこい、この古びた池はあるし八幡社のかたわらには信玄と謙信の一騎打ちの銅像までも。...

仁王門

長野県善光寺電線は五線紙に似て虎落笛虎落笛はもがりぶえと読みますよ。電線などが風にヒューヒューとなる、あの気味悪い音のこと。五線紙は音楽の時間に嫌というほど見ましたなあ。ほれ、おたまじゃくしが沢山泳いでいたでしょ。電線に雀などが列なして止っている姿などはまるで五線紙。カワウがとまっていることもあります。...

海津城跡(2)

長野県松代笹鳴きや寄木剥けたる古ピアノ東京杉並の太田黒公園にて・日本の音楽評論家の草分けである太田黒元雄氏愛用とされるピアノは、マオガニーの寄木で装飾され、小振りながらも重厚なスタインウエイ。書斎の外には熊笹の小径から続く鯉の池。うぐいすが熊笹の下を渡り、舌打ちをするように鳴いていました。...

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。風景淡彩画というよりイラストだと言われることも。蒼花同人。俳号を臣汰と申しますが、まだまだ駆けだし。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

FC2カウンター