Entries

模写模写

ザルツブルグ・・・だそうです       F6雨でスッケチができなければ室内で講義です。今年は雨の日に当たることが多くて、講習内容準備で先生は苦労されたようです。私は画いていればご機嫌という分かりやすい男。このように先生の写真を模写する時間も、棄てたものではありません。秋の蚊に耳そばだてて羅漢像            しの目黒の五百羅漢寺...

海辺のリゾート

トラフェミュンデ・ドイツ  F6今は博物館になっている灯台から俯瞰した海辺のリゾート地トラフェミュンデ。上方はリューベックに至るトラフェ川、左後方にはもうバルト海が広がっています。コペンハーゲンは目と鼻の先。その気にさえなっていればフェリーで簡単に行けたのです。2年前に描いたのを少し手直ししました。...

ヨット

トラフェミュンデ・ドイツ  F6...

三つの塔の門

ルクセンブルグ旧市街  F6緯度が高いヨーロッパのこの季節は羨ましいほど日が長い。午後5時を過ぎても真昼のように眩しい光がありました。...

ネッカー川沿いの歩道にて

ハイデルベルグ  F6ハイデルベルグ城は修復の足場と膜で一部が覆われていました。絵葉書に登場する名所は良いですが、こんなありふれた風景にも惹かれます。健さんから届いた句です。一世紀胎盤離れ椿落さらさらと落葉一面きらきらと...

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。風景淡彩画というよりイラストだと言われることも。蒼花同人。俳号を臣汰と申しますが、まだまだ駆けだし。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

FC2カウンター