Latest Entries

熊笹に初雪

17-1118.jpg
長野県・戸隠の鏡池付近

折からの初雪を積んだ路面をスリップもせず、タクシー運転手は涼しい顔で湖畔へ連れてきてくれた。
ドングリハウスというカフェでガレットを給仕してくれた女性がバルコニーへ出て写真を写している。
そのかたわらに並んで撮った写真から描いてみた。彼女はフイリッピン人だなと私は勝手に思った。

犬小屋も引越荷物秋日和    摩耶子

犬は家族の一員として家の中で飼われるご時世。犬小屋を見かけることは少なくなった。小学5年に
上がる春休みに父の転勤で広島から神戸へ引っ越した折、飼い犬の「ジンター」は連れていけない
からと犬小屋ごと知人に譲ったのだが、優しい性格の大型犬だった。私の俳号は「じんた」と読む。

漢字ばかりだと句が固くなるのは分かっても、犬小屋も引越荷物も平かなにするわけにいかない。
季語が「冬うらら」なら少しは柔らぐだろうか。

風に訊く知己の消息秋深し   臣汰

話を聞く、音楽を聴く、消息を訊く。「きく」に神経を使ったつもりだったが、摩耶子さんは「ひらかな」が
いいと。そうかもしれない。もともと大した句ではない。

クラシック館(3)

17-1115.jpg
赤坂プリンスホテル

ここを描き始めてまもなく、ふらりと男が話しかけてきました。絵には興味なさそうで、
北朝鮮にまつわる政治的な背景についての独自の推論をまくしたて、気が散って辟易です。
見かねた師匠がやってきて話し相手を引き継いでくれました。なんでもホームレスにして
億万長者という風変わりな初老でした。

水琴窟へ一杓の秋そそぎけり 
    

中津川上流

17-1111.jpg
長野県・秋山郷の切明温泉付近にて
河原から温泉が湧き出ています。若者が二人、スコップを持って河原に下りてきました。
湯が熱すぎるので、川の水を引き入れて温度の調節をするのだとか。

蕎麦喰ひに連れてこられし秋の原      臣汰

錦秋

17-1108a.jpg

新潟・秋山郷

旅に誘はるる秋刀魚を喰ひながら       臣汰

クラシック館(2)

17-1105.jpg
東京・赤坂プリンスホテル

菊人形佐倉宗吾の動くかと      摩耶子

菊の香に噎せて信ずに足る漢    臣汰

Appendix

プロフィール

Author:S.Y.Seasonword
よみうりカルチャー恵比寿で花城康雄先生のご指導で修業中。風景淡彩画というよりイラストだと言われることも。蒼花同人。俳号を臣汰と申しますが、まだまだ駆けだし。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

FC2カウンター